帰るだけでも楽しい僕ちゃん

急遽お泊りになってしまったんで、時間を気にせずドライブ続行

僕ちゃんの通りたがってた熊野古道(中辺路)を途中ちょこっと止まりながら走ってみました

瀞峡(どろきょう)は広島の三段峡のような雰囲気で、日帰り温泉もあちこちにありました

(今回はガマンしたの!えらいでしょ!!)





宿の近くで見つけたお店 孫悟空







お店に入ったとたん、何人かの常連さんとお店の人の視線を浴びる 笑。

この辺は釣り目的で旅行に来る人も多いみたい







あたしはチャーハンをオーダー







僕ちゃんはスタミナラーメンをオーダー



あたしは昨日とその前にラーメン食べて、ラーメンの気分ぢゃなかったんよね

このラーメンもやっぱ麺が苦手ぢゃった





ぎょうざもオーダー (でもビールは我慢したんよ



お店ではビールを我慢したけど、ホテルに戻ってからビールをグビグビ

グビグビなのはいいけど、僕ちゃんはとにかく楽しすぎて、声がデカくて、超迷惑

他の部屋の音や声が聞こえないんで、あたしらの部屋の音も聞こえてないんかもしれんけど
とにかく時間も忘れてしまうほどはしゃいでしまうんで、あたしがイライラする

で、うるさいっ! て怒られてシュンとするんだが、
これが何分ももたんのよ(酔っ払ってるしね・・・)。

何回か怒られて、ビールなんかも買いに行かされたりして(オイ)

僕ちゃんを大人しくさせるにはあたしが寝るしかないので、
お酒もそこそこで寝ることにしたのでした





5月1日。

前の日にお酒をあんまり堪能できなかったあたしは朝からお酒をいただきますよ



そりゃそーぢゃろ、当たり前ぢゃろ。





帰り道ではただ通るだけの観光も欠かしません

途中の湯浅は醤油や味噌の発祥の地らしく、おいしそうなポン酢も発見(←なぜにポン酢?w)

古い町並みが残ってる伝統的建造物群保存地区もあって、ここでもう1日楽しめそう





和歌山城



天気もイマイチだったし、黄砂もあったせいでぼんやりしてるけど

このあと関西国際空港も通ったのよ~ (全然見えんかったけどね・・・)





高速道路のジャンクションもなんとか通過できたし、あとは広島に戻るだけ~

で、戻ってからはいつものお疲れ会 笑。




旅行のときはね、僕ちゃんが文句も言わず運転を頑張ってくれるので
思う存分飲ませてあげまするよ~

とは言っても、疲れてるんでそんなに飲めんのがツライとこだけどね、僕ちゃん

「旅行が楽しすぎる とうるさい日が何日か続きますが、
もうちょっとしたら 「えぇかげん、うるさいっ!!」 と怒られるんぢゃけどね

まぁ、今回もなんだかんだとっても楽しい旅行でした


ブログランキング・にほんブログ村へ

theme : 写真日記
genre : モブログ

かんぱい!        よろしくね♪




那智山へ到着

熊野三山の一つである熊野那智大社へ大門坂からのぼってみました。

熊野那智大社・那智山青岸渡寺・那智の滝といえば、那智勝浦の定番コース。




石畳をかなり上って行くので、僕ちゃんが腰の悪いときだったら絶対無理だったよね





すんごい幹が太いのがわかるかしら



お年寄りの木なので、人工的に倒れない施しをされています。





参道の途中にある夫婦杉での1枚。



僕ちゃんがアホすぎるよね





熊野那智大社に行くまでの途中に、休憩所があります。







ここからは階段ばっかりとなります(笑)。








熊野那智大社に到着。







西国三十三所第一番札所である青岸渡寺(せいがんとじ)。



胎内くぐりもできるようになっています。





三重の塔と那智の滝。







大門坂や那智大社では平安貴族の衣装を貸し出していて、着用して周辺を歩けるようになっています。



衣装を着た人をみつけて僕ちゃんが勝手に写真を撮ろうとしたので、
あたしが「写真撮らせてください」とお願いしたところ、
「一緒に写りますか?」と気持ちよく声をかけていただき、ちゃっかり真ん中に入れてもらいました




滝を見るのは下からのほうが好きなので、下へ行けるとわかったときは喜んぢゃったよ



でもみんな、お疲れちゃんだね・・・笑。

ここまでをバスで来ることもできるみたいだけど、やっぱ歩いてきてるんだろうね





下から見上げる滝は圧巻(写真ぢゃ伝わらないのが残念だけど)



もっと近くに行くには有料になるんだけど、延命の水も飲めるらしいよ





駐車場まではバスでおりることに。
でも時刻表を見ると1時間に1本
待ってる間にお昼ごはんを食べることにしました(この時点で14時くらい。。。)

和歌山ラーメン



スープは美味しいんだけど、やっぱり麺が好きぢゃないもんで箸が進まない

和歌山ラーメンってばりうまのイメージだったんだけど、違うのかしら???





この時点で、この日に広島に帰るのは無理だろうということになり(行く前からわかってたけどね・・・)
急いで当日宿泊できる宿を探すのでありました~

運転するのは僕ちゃんなので、僕ちゃんが無理だと思えば泊まってもいいんよ?と
心優しい言葉をかけていたのに、本人が「泊まるのはもったいないんで、日付が変わってでも帰る」って
予約もしていたホテルをキャンセルしたんだよねぇ

ま、あたしの中では想定内ですので、ドンマイだよ、うん(←優しすぎるぅ~

ブログランキング・にほんブログ村へ

theme : 写真日記
genre : モブログ

かんぱい!        よろしくね♪




ちょいと天気がイマイチだったけど、遊覧船でGO!

前の日、死んだように爆睡したあたしですが、次の日の朝はすっきりこんと目覚めましたぞ(←ほんま?)





4月30日。

起きてすぐお風呂に入り、ご飯を食べにまた遠い食堂へてくてく行ってきました

この食堂はとっても景色がいいんですよ~

朝ごはん

もっと天気がよければなぁ・・・。





朝から和・洋どちらもたんまり楽しむ僕ちゃん(おかわりしてたしね

僕ちゃん

このせいでお昼ごはんの時間がめっちゃ遅れるんだけどね





二日目の予定は遊覧船で紀の松島めぐりをする予定にしてたら、
ホテルから直接船に乗れることがわかりめっちゃラッキー

くじら号

ホテルから桟橋 ⇒ 桟橋から遊覧船に乗るってのを考えてたから、手間が省けたんだよね

ホテルの周りでは釣りをしてる人がたくさんいます。
ホテルで竿etcを貸してくれるみたいなんで、手ぶらで行っても楽しめるかも(時間制)





船に乗って出発すると、ホテルの人が見送りをしてくれます。





pg





ホテルの裏っ側にまわると、昨日入った洞窟のお風呂がわかるぅ~



お風呂から見えてた海は、同じ景色だったのか・・・。





南海随一の景勝地とされ、その海岸美は日本三景の松島に勝るとも劣らないところから紀の松島と称されたとされる。

松島に比べて紀の松島は外洋にも面しているため岩礁の造形がダイナミックなんだって~







ラクダ岩



ラクダに見える?w





ライオン岩



後ろ向きのライオン。

ほかにも鶴島、兜島、筆島などと名付けられた島や岩が紺碧の海に浮かんでいるらしいです





あたし達が乗ってるくじら号のほかにも遊覧船にはオルカ号があり、ちょうどすれ違いました。



向こうの船に手を振ってみたけど、誰も振り返してくれんかった





真珠の養殖もしてるらしいよ~



いや~、和歌山って奥が深いぞwww

ブログランキング・にほんブログ村へ

theme : 写真日記
genre : モブログ

かんぱい!        よろしくね♪




龍宮城へ行ってきたのだ

亀のお迎えがやってきた



これこれ、これに乗りたかったんよね~





ついたところはホテル浦島



ホテルの駐車場に到着すると、桟橋まで連れてってくれるマイクロバスが待っててくれます

駐車場も迎えのバスも船も無料ってのがお財布にやさしいよね





ここに1度来てみたかった理由は、洞窟のお風呂があることと、何種類かのお風呂に入れること

忘帰洞



午前・午後で男女入れ替え制。
ここではシャンプー・リンスが使えないため、お湯を楽しむだけとなります。
どのガイドブックでもこのお風呂が載ってるだけあって、メイン感たっぷりでした
お湯に浸かって眺める海もいい感じでした





玄武洞



海に向かって細長く作られているお風呂。
ちょっとお湯がぬるめだけど、海を眺めながらゆっくりと浸かってると時間を忘れます





天海の湯



こちらは山の上にある「山上館」の32Fにあるお風呂で、とにかく景色がいい
本当に天に浮かんでいるような気分になれる

この建物に行くときにスペースウォーカーと呼ばれるエスカレーターでいくことになってたんだけど、
あたし達が行ったときは、エスカレーターの工事中とかでこれに乗れなかった
これがとっても残念だった

お風呂の画像はHPでご覧ください 笑。










このホテルを選んだもう1つの理由は、ご飯がバイキングだったこと

あたしらみたいに偏食の多い奴らは、好きなものを好きなだけ食べれるバイキングってほんとありがたい

だけど全然質素ではなくて、マグロの解体ショーなんかもあって、捌きたてのマグロを食べられます(←食べんけどw)

さすが生マグロの水揚げ量日本一だな~!



揚げたての海老天も旨かった

そして腹が張り裂けそうなくらいパイナップルを食べました





携帯の電波が圏外になるため僕ちゃんと連絡が取れず、お風呂からあがってからが大変だった

しかも建物がめっちゃ広いんで、軽く迷子になり部屋に帰るのにめっちゃ時間がかかった。。。

ご飯食べに行くだけで結構歩かんといけんのがちと難点かな





あたしはすっかり疲れてしまい、お酒も半分くらい飲んだあたりで記憶がなくなり爆睡

あとから僕ちゃんに話を聞くと、死んだように急にバッタリと動かなくなったらしい

よっぽど疲れてたのかしらねぇ~(運転もしてないのにwww)

なので、夜長にお酒飲みながらゆっくり話でも~とかっていう楽しみ方は出来なかったのでした
ブログランキング・にほんブログ村へ

theme : 写真日記
genre : モブログ

かんぱい!        よろしくね♪




宿に行く前にちょっと寄り道~落合博満野球記念館

落合博満野球記念館に行ってきました

落合博満野球記念館

時間が5時くらいだったので、ちょうど閉館するところでした





建物が六角形になってて、これは落合さんの背番号「6」にちなんでいるそうです。

落合博満野球記念館

建物の中にはたくさんのトロフィーなんかが飾ってあるらしいけど、今回見ることはできませんでした。。。





駐車場から見る海の景色は抜群でした
ブログランキング・にほんブログ村へ

theme : 写真日記
genre : モブログ

かんぱい!        よろしくね♪




太地くじら浜公園でくじら文化を学び、イルカとふれあう♪

くじら浜公園の中にある世界一のスケールを誇るくじらの博物館には、
鯨の生態や捕鯨に関する資料などおよそ1,000点に及ぶ貴重なものが展示されていて、
わが国捕鯨発祥の地として昔から現代までのおよそ400年の歴史を目の当たりに興味深くひもといていただけます。


と、説明されているようにとても興味深い内容のものでした

太地くじら浜公園
太地くじら浜公園
太地くじら浜公園





有料ですが、イルカを触ることもできますよ~

太地くじら浜公園

今回、あたしたちは遠くから見てるだけ





というのも、今回のショーには出演してなかった子が、
となりのプールでもらったエサをいつまでも嬉しそうにくわえて遊んでるのが可愛いすぎたもんで
そっちばっかり見てたのよね~ 笑。
(エサのしっぽがちょこっと見えるかな?)

太地くじら浜公園





嬉しそうな声を出して遊んでいるイルカ







他の建物にはマダライルカ

太地くじら浜公園

色のうすい子はまだ子どもだそうです。





大きなクジラもショーができるんですよ~

太地くじら浜公園

ジャンプはイルカに比べて重そうではあるけど・・・笑。
でも、シャチでもジャンプすることを考えたら、クジラだってできるか





この施設には、世界でも珍しい腹びれのあるバンドウイルカが飼育されています
写真撮影は禁止になっていたので、よければこちらで ⇒ ブログ水族館/中村 元





ちょっと離れたところでは、餌あげができるようになっています

太地くじら浜公園





あたし達がエサの入ったバケツを持って行くと、近付いてきます

太地くじら浜公園





この子はクジラの中では小さめのハナゴンドウのハナちゃん(←勝手にw)

太地くじら浜公園

エサあげたあとは、あたし達と遊んでくれようとしてくれたのか
口に水をふくんで、かけあいこをするときのように軽くかけてきました





この子はバンドウイルカのバンちゃん(←また?w)

太地くじら浜公園

かわいすぐるー





このあと、あたしイルカに声をかけられナンパされましてね

太地くじら浜公園

この流し目www
軽く手を振ってくれて、もう嬉しいのなんのって あーた

この辺りにはリゾートマンションもあるので、誰か買ってくれ 笑。





もうお気付きの人もいるかと思いますが、ここはあの話題になった映画の地でもあります。

それも含めての訪問でしたが、色んなことが自分の中に吸収されたような気がします。

ただ残念だったのは、博物館を閉館まで堪能してしまったため
併設されていた売店のクジラ肉の串かつが食べられなかったこと





今回の旅行は温泉を堪能する予定だったのに、この段階でもう夕方
(お風呂に何回も入れんがな・・・)

急いで宿に向かっちゃいま~す
ブログランキング・にほんブログ村へ

theme : 写真日記
genre : モブログ

かんぱい!        よろしくね♪




伝説もある橋杭岩(はしぐいいわ)

南紀屈指の景勝地。

串本の東岸から大島に向かって、大小40余りの奇岩が一直線に並んでいる。

この岩には、弘法大師にまつわる伝説も語り継がれる。

それによれば、大師は天の邪鬼と大島に渡れる橋を一夜で架けられるかという賭けをした。

完成間近で、邪鬼が鶏の鳴き真似をしたため、大師は夜が明けたと思い断念。

杭だけが残ったと言われている。





橋杭岩

橋杭岩

橋杭岩

橋杭岩

橋杭岩

そんな伝説がなかったとしても、自然の力ってホント凄いと思わせてくれるよね~





今度は朝日も見てみたいと思う場所でありました

橋杭岩















あたしがムービーを撮ってる横で、ずーっとうるさい僕ちゃんの声をお許しください



ブログランキング・にほんブログ村へ

theme : 写真日記
genre : モブログ

かんぱい!        よろしくね♪




最後になるかもしれないおでかけは、念願の和歌山へ

人の多いところがあまり好きでない我が家

今年のGWは近場でゴロゴロしようか~と言ってたんだけど、
6月にはETCの休日特別割引1000円が廃止されてしまうということで
急遽おでかけ計画が持ち上がったのでごぜーます。

今までちと遠くてなかなか腰があがらなかった場所でもあり、
結構あちこち歩くので僕ちゃんの腰が悪いうちは行けなかった和歌山に行くことに決定





4月29日。

朝はまだ暗い4時すぎには家を出発

途中で朝日が顔を出してきて、お天気はいいっぽくてテンションUP







朝早く出発しただけあって渋滞にはかからなかったけど、あちこちで事故多発のため少し足止めをくらう



行きと帰りを合わせても4件も見てしまったよ・・・。
どこかへでかけるときに事故をしてしまうと、おでかけしなきゃよかったとか思ってしまうよね
僕ちゃんも結構集中力が切れるんで、あたしも足が踏ん張ってしまう(ブレーキ踏みたくなるんよね





山陽道 ⇒ 中国道 ⇒ 近畿自動車道 ⇒ 阪和道 を乗り継いで、南紀田辺に到着

そこから湾岸線の熊野街道(大辺路)を走ると、海がめっちゃきれい~

イノブータンランド・すさみに到着



ここはイノブタ発祥の地。
美味しそうなお肉もありました





海沿いをそのまま走ると、串本海中公園に到着



お昼に食べたラーメンは串本ラーメンと呼ばれるものらしく、味噌ラーメンにコチュジャンを入れるんだって。
コーンとか入ってるのも串本ラーメンの特徴なんかな?

この公園では水中トンネルや海中観光船などもあって、楽しめそうなんだけど
今回は時間の都合もあって中には入らないことに決定
また来る機会があれば、次こそは絶対に入ってやる!





串本海中公園をあとにして向かったのは、最初の目的地である本州最南端潮岬でございます





本当の最南端は【クレ崎】と呼ばれているところで、見るだけしかできないのが残念だけど。





観光タワー(有料300円)の展望台から眺める景色はめちゃめちゃ海も空もきれいでした



この日は(もしかしたらいつも?)風がすんごい強くて、じっと立ってるのが難しかった

キャンプしてる人もたくさんいて、とっても気持ちよさそうに芝生に寝転んでる人もおりました





ただ観光タワーの中は、なぜか廃墟のようになってたけど。。。



観光する人が少ないのかしら

マジックミラーの階では、自分を色んな鏡に映して遊んでみました

紀州梅というだけあって、梅酒の数もどこに行ってもハンパないのよね~





海と空と風を堪能したあとは、次の目的地に向かっちゃうよ~
ブログランキング・にほんブログ村へ

theme : 写真日記
genre : モブログ

かんぱい!        よろしくね♪




僕ちゃんは運転を頑張ります♪




チェックアウトして、広島へ帰ります♪

朝から焼き鳥とチューハイをいただきますヽ(´▽`)/

あ、僕ちゃんはカフェオレね☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
かんぱい!        よろしくね♪




やっぱりね・・・

いつも旅行のときはなるべく安い宿に泊まるんだけど、今回は温泉宿に泊まったので

宿以外は節約旅行だったわけで、1泊でなんとか帰ることにしておりました。

でも、やっぱあちこち行きたいとこが多すぎて、予定の時間を大きくオーバー・・・。



仕方なく安い宿を探して、もう1泊することになりました~(泣)

ま、それはそれで楽しいんでいいんだけど(最初から無理な日程だったとも思うがw)

明日は明日で渋滞にハマりそうな気がするし、お天気も雨らしいのでちとユーウツ(-ω-;)

ブログランキング・にほんブログ村へ
かんぱい!        よろしくね♪




Information

WELCOME!
いらっさいませ(・∀・)


佐々木酒造の
呑酒師に認定されました




Profile

☆ハニー☆

 
Name : ☆ハニー☆

あたしの生活がHappyであり続けるために、アンポンタンな相方の≪僕ちゃん≫を飼育しております♪


Counter
New Entry

Ranking

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Category

Archive

RSS

MSNボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
FTPソフト